原一探偵事務所

原一探偵事務所

原一探偵事務所って?

 

原一探偵事務所はテレビでもおなじみの探偵社です。

 

 

 

例えば

 

■フジテレビ
★<カスペ!>ハンゲキ~怒涛の4時間SP~(2016年4月6日放送)

  • 「投資詐欺師にハンゲキせよ!」

★<カスペ!>ハンゲキ!(2015年3月10日放送)

  • 「リアル詐欺師vsリアル被害者」

■TBSテレビ
★「実録!犯罪列島2016詐欺師と直接対決SP」2016年 12月28日(水)

  • 実録!犯罪列島2016詐欺師と直接対決SP

★「今夜限定!完全復活!徳光和夫の感動再会“逢いたい”起死回生涙と希望の3時間SP」2016年 10月11日(火)放送
★徳光和夫の感動再会"逢いたい"

  • 徳光和夫の感動再会「逢いたい」
  • 2006年10月より番組協力(レギュラー放送・特番放送)
  • 「“逢いたい”一挙4時間スペシャル!!」(2013年3月26日放送)
  • 「“逢いたい”一挙3時間スペシャル!!」(2009年10月6日放送)
  • 「一人ぼっちの決別! 最後の希望…母に逢いたい!」
  • 「35年間音信不通! 優しい記憶の父に逢いたい!」
  • 「生きる希望をくれた恩人…リハビリの先生に逢いたい!」他

★不思議探求バラエティー ザ・世界ワンダーX (大捜索スペシャル)

  • 「ワンダーな仕事人『探偵の行方不明捜索』に密着取材!」(2015年2月20日放送)

■テレビ朝日
★奇跡の扉 TVのチカラ

  • 奇跡の扉 TVのチカラ 2002年10月より番組協力
  • 「解決!あの千葉48歳父殺人 追跡219日…ついに犯人逮捕」
  • 「栃木 青年看護師が謎の失踪!探偵プロファイル」
  • 「失踪夫(6か月)ついに奇跡発見!」 他

 

その他、多数あらゆるTV番組に協力している知名度も信頼度もある探偵社なんです。

 

費用が高いのでは?

 

そう思われるかもしれませんが、原一探偵社は見積もりを出してもらった金額以上の請求はないから安心なんです。(結構追加追加で費用が膨れ上がることが多いのですが原一は追加料金なく安心です)

 

浮気や不倫は、あなたのすぐそばで行われているとは限らないですよね。出張中の不倫とか単身赴任中とかもあり得ますよね。原一探偵は全国に拠点があるから安心して調査を依頼できるという大きなメリットがあります。

 

不倫や浮気の調査を依頼する前に、原一探偵社の公式ページで先ずは確認してみることをおススメします。

 

 

>>原一探偵事務所

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妻又は夫が浮気していることが明らかになっても今後も、パートナーであり続けたいのなら浮気相手との逢引現場に向かうのはやらないほうが無難です。パートナーを裏切ったことがバレた途端に相方が、ひどく感情的になってしまい、別れなければいけなくなってしまうこともありえます。その上、浮気相手との会話によってひどくイライラさせられてしまいます。食事をした際の請求書にはお通しの注文数から同席していた人の数が書いてある事があるので、浮気と判断する際の決定的な証拠となるでしょう。あわせて、クレジットカードの支払い項目はしっかり月ごとに見るようにします。仕事で使ったにもかかわらずビジネスホテルではなかったり、一人で宿泊したにしては高い宿泊費だったりしたら、誰かほかの人と一緒にいたと見られることがあるのです。探偵に浮気調査をお願いして、しっかりとした確証が得られれば、配偶者とその不倫相手に慰謝料の請求も可能です。信頼のできなくなったパートナーと一生共に生活することは精神的な負担は計り知れないものになるでしょうから、慰謝料を請求し、離婚する決断もありでしょう。それと、原因となった不倫相手に慰謝料を請求したならば確実に別れさせることもできるはずです。浮気の裏付けをつかみ取るには、探偵に浮気調査を依頼するのが最も確実でしょう。しかし、探偵に依頼するのは結構なお値段なので、誰もが容易に依頼することのできるものではないでしょう。探偵へ浮気調査を頼んだら、いくらくらいのお金が必要になるのでしょう?探偵事務所それぞれで価格はそれぞれ異なるので、調査の前には見積もりを依頼することが賢い選択です。探偵は頼まれたことの調査をやるだけではいいのではありません。浮気を調査していると、想定の範囲外のトラブルが起きてしまうこともあります。そういう時に、一番に依頼人のことを優先的に思ってくれるような探偵が信用していい探偵と言うものです。探偵を信頼してもいいか判断するには、どのような対応をしてくるのかなどで慎重に決めるとよいでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ